グラウンド・ゴルフ クラブセット グラウンド・ゴルフ クラブグラウンド・ゴルフ ボ

ールグラウンド・ゴルフ クラブケースポーチ & ボールホルダ

ーマーカー ホルダーグラウンドゴルフ コース設営品グラウンドゴルフ 団体セットモデルグラウンドゴルフ ウエ

ア・シューズグラウンドゴルフ グローブ (手袋)
  グラウンド・ゴルフクラブお買上げにネームサービス 送料全国一律540円、お買上げ15,000円以上 送料・代引無料! (沖縄・離島は送料別途) 
 

CONTENTS

パークゴルフ用語集

HOME»  パークゴルフ用語集

 パークゴルフ用語集

パークゴルフを友人や仕事仲間、家族と楽しみたいと考えている方も多いと思います。幅広い世代で楽しめるスポーツですが、専門的な用語が分からなくて楽しめなかったということがないように、パークゴルフでよく用いられる用語を把握しておきましょう。

・アウト・オブ・バウンズ(OB)
白杭で囲まれているプレー禁止区域(コース外側の森の中など)のことで、OBゾーンにボールが入り込んでしまった場合には、2打数のペナルティが加算され、ボールがOBラインを超えた位置から2クラブ以内で、ホールに近付けないようにボールを移動できます。

・アンバトロス/イーグル/バーディ
ボールを基準打数よりも3打数少なくカップに入れることをアンバトロス、2打数少ないとイーグル、1打数少ないとバーディと言います。

・アンプレアブル
木の枝に引っかかるなどのプレイヤーがボールを打つことができない状態の際に、プレー不可能宣言を行うことをアンプレアブルと言います。すると、2打数分ペナルティが課せられて2クラブ以内の位置でボールを移動できます。移動する際には、ホールに近付けて置いてはいけません。

・カジュアル・ウォーター
雨が降り一時的にできた水溜りのことで、万が一カジュアル・ウォーターにボールが入っても、ペナルティなしでボールを移動できます。

・ストローク
クラブをスィングさせてボールが動いたことをストロークと言います。しかし、ボールを打つ意思があっても空振りをしたときにはストロークとみなされません。

・ボギー/ダブルボギー/トリプルボギー
基準打数よりも1打数多い状態でホールアウトをすることをボギー、2打数多いときはダブルボギー、3打数多いときはトリプルボギーと言います。

・ティー
各ホールの第1打のときだけに使用するボールを乗せる用具のことで、ティーにボールを乗せた状態をティアップーと言い、第1打目をティーショットと言います。

・マーカー
パークゴルフの大会などでは、プレイヤーのスコアを記録するために選定された者がいます。その人のことをマーカーと呼んでいます。

パークゴルフは、幅広い年代に好まれているスポーツで、初心者でも基本的なルールを覚えると楽しめます。よりパークゴルフを本格的に楽しみたいのなら、上記のような専門用語を把握しておくと良いでしょう。
パークゴルフの用品を購入したいのなら、ファミリーショップ甲子園をご利用ください。クラブやボールの種類も豊富なのできっとお気に入りのアイテムを見つけられると思います。


パークゴルフをはじめよう

HOME»  パークゴルフをはじめよう

 パークゴルフをはじめよう

パークゴルフ お子様から高齢者の方まで、年齢や性別関係なく楽しめる多世代型コミュニケションスポーツといえばゴルフですが、その中でもパークゴルフは、高齢者の方に人気のあるシニアスポーツです。

友人と一緒に近くの広場でパークゴルフをするのは、健康的ですし老後を有意義に過ごせます。
そこでこちらでは、パークゴルフをはじめる前に知っておいてほしいポイントをご紹介します。

パークゴルフのコース設計

1ホールはどんなに長くても100mまでなので、身体的なハンディを抱えている高齢者の方でも無理なく楽しむことができます。また、ゴルフよりも短い距離にカップがあるため、ホールインワンできる可能性があるのもパークゴルフのコース設計の魅力です。
一見簡単そうなイメージのあるパークゴルフですが、比較的平坦なコースだけでなく、起伏が激しいコースなどもありますので、一筋縄ではいきません。コースの状態を読みながらストロークしていくので、身体だけでなく頭も使いながら楽しめます。

パークゴルフのプレー方法

・パークゴルフには「ストロークプレー」と「マッチプレー」という2種類のプレー方法があります。
<ストロークプレー>
1ホールごとの打数を記録しておき、全18ホールを終了した後に総打数を競い合います。総打数が少ない方が勝利です。
<マッチプレー>
1ホール終了するごとに勝敗と引き分けを決めていきます。そして全18ホールが終わり成績の良い順に勝ちとなります。

パークゴルフのポイント

・3〜4人一組で行われるので、コミュニケーションを取りながらプレーを楽しむことができます。
・パークゴルフは、1個のボールを1つのクラブでプレーし続けます。
・ティショットの順番は、始めのホールのときだけジャンケンなどで決めてその後からは、前のホールで成績が良かった準に行うのが一般的です。2打目は、ボールがカップから遠い人から打っていきます。

ファミリーショップ甲子園では、アシックスやミズノなどのパークゴルフ用品を数多く揃えております。
通販で気軽にご購入することができますので、仲間と一緒にシニアスポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。


生涯スポーツの重要性

HOME»  生涯スポーツの重要性

 生涯スポーツの重要性

超高齢化社会の現代では、日本国民の4人に1人が65歳以上の高齢者となっています。介護施設や介護サービスの展開も著しいのですが、追いついていない状況が問題視されています。そのため、高齢者本人様が自立した生活を送れる体制を作っていかなくてはならないのです。
自立した生活を送るためには、やはり体力が必要となります。その体力を保つには生涯スポーツがおすすめです。

【生涯スポーツとは】

生涯スポーツ 生涯スポーツは、比較的身体への負荷が少なくて、誰でも気軽に楽しめるスポーツのことをいいます。
休みの日も外出せずに一日中家にこもってゲームをしている子供や、体力的に激しいスポーツができない高齢者、障害を抱えている方、運動不足が気になる方などに最適なスポーツです。健康的な面で見てもメリットが大きいので文部科学省も推奨しているほど、生涯スポーツの注目度は高いです。

【生涯スポーツから得られるメリット】

高齢者の方の不安やストレスとなる原因は、身体の衰えではないでしょうか。人間、年を重ねていくと身体が衰えてしまうのはどうしようもないことですが、遅らせることはできます。そのためには、積極的に身体を動かす必要があります。
シニアスポーツを趣味として始めてみると、身体を動かして健康的な身体作りに努めるだけでなく、仲間と触れ合いながら楽しめるので、精神的にも充実感や生きがいを感じられるようになります。身体面・精神面どちらにも良い効果をもたらしてくれるといっても過言ではないでしょう。

【シニアスポーツの種類】

・水泳
水泳と聞くと、かなりの体力を使うイメージがあると思いますが、何も泳がなくてもいいのです。水の中で歩くだけでも筋力のトレーニングにつながります。足腰が痛くて運動するのが辛いという方も、水の中では負荷がかかりにくいので楽にウォーキングできます。

・グラウンドゴルフ
シニアスポーツの代表といえば、やはりグラウンドゴルフではないでしょうか。道具があれば身近にある公園や広場などで手軽に始められるので高齢者の方から人気のスポーツとなっています。また、距離も長くないのでそんなに体力がなくても十分楽しめます。

ファミリーショップ甲子園でも、シニアスポーツとして人気の高いグラウンド・ゴルフパークゴルフのスポーツ用品を通販でご提供しております。もちろんグラウンドゴルフに限らず、ラージボール卓球やゲートボール、ペタンク、ソフトバレーボー ル、輪投げなど、シニアの方でも楽しめるスポーツはたくさんあります。道具を揃えて気軽にシニアスポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。友人も誘って皆でプレーをすることで、毎日が有意義に過ごせると思います。


グラウンドゴルフとパークゴルフの違い

?グラウンドゴルフとパークゴルフの違い

初心者でも気軽に始められるスポーツとして人気のパークゴルフやグラウンドゴルフですが、その違いについてご存知の方は少ないのではないでしょうか。よくゲートボールとも間違えられますが、ゲートボールはチーム戦で戦う競技なのに対 し、パークゴルフやグラウンドゴルフは個人戦です。 健康維持の目的で始める人も多いパークゴルフとグラウンドゴルフの違いについてご紹介いたします。

【パークゴルフとは】

パークゴルフ北海道幕別町発祥の スポーツであるパークゴルフは、グラウンドゴルフと同じく、クラブでボールを打ち、打数を競うスポーツです。クラブ1本ではじめられ、何度空振りしても大丈夫なスポーツです。 1打目がスタートマットから始まるグラウンドゴルフに対し、パ ークゴルフはティーを使用して1打目を打ちます。パークゴルフ専用のクラブを使って9ホール回ります。1ホールの打数が3?5に設定されており、少ない打数で9ホールを終えた人の勝利となります。 ゴルフ場のようにパークゴルフ専用のコース を設けている施設もあり、バンカーもあります。

ボールの大きさもグランドゴルフと同じで、重量も大差ありません。 パークゴルフをはじめるには、専用のクラブ・ボール・ティーの3点が必要になります。クラブは木製またはプラスチック製で、重量が600g以下と定められています。専用 のボールは直系6cmで重量が80?95gになります。

パークゴルフもグランドゴルフも気軽に楽しめるスポーツですが、専用の道具や用品やコースの距離など違いがあります。パークゴルフで使用されるボールをグランドゴルフで使用することはマナー違反となりますので、専用のクラブ・ボール で競技しましょう。

グランドゴルフ用品・パークゴルフ用品の購入をお考えの方は当店をご利用ください。初心者から高齢者まで楽しめるスポーツとしても人気があるグランドゴルフやパークゴルフを家族揃って楽しみませんか。ファミリーショップ甲子園ではウ ェアや帽子・グローブなどの用品も扱っており通販にて販売しております。


グラウンドゴルフクラブとバッグのネームシールサービスについて

ネームシールサービスについて

ネーム入れを希望される場合は、希望商品を選らんだ後に、ご注文フォームを入力する際に、下記の欄でご入力ください。

※ローマ字は活字のみ作成できます。(大文字・小文字の指定は可)。筆記体指定でのご依頼はお受けできませんので、ご了承ください。ネーム作成機の漢字登録数は限られていますので、全ての漢字に対応はしておりませんので、予めご了承ください。

グラウンド・ゴルフ クラブ ネームサービス




※クラブバッグ ネーム対応ができない品番

・アシックス (GGG869、GGG862、GGG867,GGG865など)

グラウンド・ゴルフの健康効果

グラウンド・ゴルフをプレ-すると以外にもかなり歩く事になります。

グラウンド・ゴルフのプレ-、2ラウンド中の平均エネルギー消費量は232Kcal程度。

ウォーキング約1時間のエネルギー消費量に相当。

グラウンド・ゴルフを楽しみながらプレイし、かなりの歩数を歩くことにもなり、カロリーも消費。芝や土に上を歩く事で、腰や膝への負担の軽減され、運動能力のアップに繋がります。

血液成分にも良好な変化が期待できます。(血圧、血糖値など)

グラウンド・ゴルフは、コースを一緒に数名で回る個人競技で、スコアアップをめざし、楽しみながら、健康な体力づくりが出来ます。笑いで、癌細胞も減少する!と言われております。グラウンド・ゴルフは、楽しみながらプレーするのがコツのオススメのスポーツ。



※ 夏場には、熱中症などの対策に、休憩の際にはこまめな水分の補給をしましょう。疲労回復にも水分補給は大切です。  
  (飲料ペットボトルを収納できるポーチはこちら


・グラウンドルフの快適なプレイにオススメのシューズ
HATACHI メンズ用シューズ   ○HATACHI レディス用シューズ

グラウンドゴルフのエチケット

HOME≫グラウンドゴルフのエチケット

 グラウンドゴルフのエチケット

グラウンドゴルフ グラウンドゴルフ・パークゴルフ用品を扱うファミリーショップ甲子園では、日本グラウンド・ゴルフ協会認定品のクラブをご用意しています。初心者の方に分かりやすくクラブを選んでいただくために、ゴルフクラブの選び方も紹介しています。クラブを選ぶ際にお役立てください。

こちらのページでは、グラウンドゴルフのエチケットについてご紹介したいと思います。 楽しくプレーするためにもエチケットを学びましょう。 グラウンドゴルフに関するエチケットは、以下のようになります。

1:次プレーヤーの邪魔をしない

自分のプレーが終わったら、すみやかに次プレーヤーの邪魔にならない場所に移動しましょう。これを怠ってしまうと次プレーヤーにも、グループの方にも迷惑をかけてしまいます。 よく見かけるシーンとしては、打球を飛ばす方面でスコア表を記入していたり、プレーに関する相談に夢中になってしまうという光景です。グラウンドゴルフをする際は注意しましょう。

2:同伴プレーヤーの邪魔や、前を行く組が終わる前のプレー開始をしない

同伴プレーヤーの邪魔は1のエチケットと同じ内容になっています。グラウンドゴルフの楽しみのひとつとしてコミュニケーションをとれるという点がありますが、ボールを打つ際は集中していますので、静かにすることを心がけましょう。 そして、前の組がまだホールポストの近くでプレーを行っている際には、打球事故を防ぐため、しっかり待ってから自分たちの組のプレーを開始しましょう。

3:会場やクラブセットを大切に使用する

楽しく安全にプレーを楽しむためには、会場やクラブセットなどの用具に愛情を注ぎ大切に使用することが大切です。 グラウンドゴルフで起こりがちなのは、クラブで地面に変化をつけてしまうことです。 プレー中に、どうしても地面をクラブでたたいてしまうことがあり、穴や溝ができてしまうことがあります。 また、雨などの影響で地面のコンディションが良くないときには、歩いたところに足跡が残ってしまうことは仕方ありません。 しかし、それを放っておくことはエチケットのあるプレーヤーとは呼べないのです。 自分の残した溝や穴で、他のプレーヤーのボールが影響を受けないように、地面を整えてから次へ進みましょう。

4:安全に配慮しよう

打撃プレイヤーの近くにいる場合、スイングしたクラブに当たってしまう危険性があります。お互いにプレイ中は十分に注意しましょう。

ひとりひとりが、ルールだけではなくエチケットを守ることで、スポーツを安全に楽しむことができるのです。


グラウンドゴルフの魅力

HOME»  グラウンドゴルフの魅力

 グラウンドゴルフの魅力

幅広い世代の方から愛されるスポーツといえば、グラウンドゴルフです。そんなグラウンドゴルフには、どのような魅力が隠されているのでしょうか。こちらでご紹介したいと思います。

【身近な場所で楽しめる】

グラウンドゴルフ 通常のゴルフ場のような広い敷地がなくてもグラウンドゴルフは楽しめます。お家の周辺にある公園や運動場、河川敷など様々な場所で楽しめるスポーツなので、趣味として続けるには最適です。
規格化されたコースが必要なく、プレーヤー同士で自由にコースを作れるのも魅力の一つでしょう。

【コミュニケーションを楽しむ】

グラウンドゴルフはシニアスポーツとして大変人気があります。その理由はやはり多くの人とコミュニケーションが取れるからではないでしょうか。普段は接点がない方ともグラウンドゴルフがキッカケで仲良くなれる場合もあります。年金暮らしをしている高齢者の方たちにとっては、人と関わる機会が持てるのは、身体的にも精神的にもよい影響を与えてくれます。

【年齢関係なく楽しめる】

バスケやバレー、バトミントン、テニス、サッカー、野球などスポーツをするためには、それなりの体力が必要となります。もちろんグラウンドゴルフも体力は必要ですが、他のスポーツよりも体力や年齢などの制限が少ないので、年齢を重ねてからでも十分に楽しむことができるのです。

このような魅力溢れるグラウンドゴルフなので、幅広い世代の方から人気があるのも納得できると思います。

【高度な技術がなくても楽しめる】

スポーツはトレーニングの積み重ねで様々な技術を身につけていきます。もちろんグラウンドゴルフも何度もプレーをすることで競技力が上がるのは間違いありませんが、高度な技術がなくても十分楽しめます。グラウンドゴルフの目的は、ゆっくり仲間とコミュニケーションを取りながら行うことですので、用具を揃えれば初心者の方でも気軽に始められます。


ファミリーショップ甲子園では、有名なアシックスなどのグラウンドゴルフ用品を通販でご提供しておりますので、ぜひお好みのアイテムをお探しください。


グラウンドゴルフの歴史

 グラウンドゴルフの歴史

ゴルフといえば英国で生まれた紳士のスポーツというのは有名です。では、老若男女が楽しめるグラウンドゴルフはどのようにして生まれたのでしょうか。グラウンドゴルフはなんと日本発祥のスポーツなのです。たくさんの人が楽しめる気軽なスポーツとして現在では日本各地で楽しまれていますが、その発祥を知らない方は多くいらっしゃると思います。

・グラウンドゴルフの発祥地

グラウンドゴルフグランドゴルフは昭和57年に現在の鳥取県湯梨浜町で発祥した、意外に歴史の短いスポーツです。当時梨浜町は泊村となっており、高齢化が深刻でお年寄りの健康維持を村の重要課題としていました。村の教育委員会を中心に鳥取県内外から14名の有識者を集い、老人クラブや体育指導員の協力のもとお年寄りでも楽しめるスポーツとして誕生したのです。

・名前の由来

正式名称は「グラウンド・ゴルフ」と間に「・」が入ります。 本格的なゴルフのように広いコースは不要で、運動場などで気軽に楽しんでもらえるように名付けられました。覚えやすい名前と、気軽なルールがたちまち人気に火をつけ、全国各地に広まっていきました。

・ルールに残る泊村

ホールポストグランドゴルフでホールポストの中にボールが静止した状態をトマリといいます。これは公式のルールとして明記されており、トマリは泊村(トマリソン)が発祥の地ということをわすれないようにという意味が込められています。




ファミリーショップ甲子園ではグラウンドゴルフのクラブやボールなどの用具を通販にて販売しています。アシックスのツインカーブシリーズなど、人気のアイテムも豊富に取り揃えております。グラウンドゴルフ用品をお探しなら、ぜひご利用ください。他にもお得なグラウンドゴルフ用品のセットやパークゴルフ用具やウェア、フィットネス機材なども取り扱っています。全国大会を目指す本格指向の方でも納得していただける品揃えとなっております。


グラウンド・ゴルフの豆知識

 グラウンドゴルフの豆知識

初心者の方でも気軽に始められるグラウンドゴルフは、ルールや制限などの自由度が高いスポーツなので、プレーヤー同士で相談して楽しみながらプレーをしていくことができます。しかし、こんなときにはどうすればいいのか分からないという場合もあると思います。
そこでこちらでは、グラウンドゴルフについての豆知識をいくつかご紹介します。

無意識にクラブがボールに当たってしまったら?

グラウンドゴルフ アドレスに入ったときに打つつもりはなくても、無意識にクラブがボールに当たってしまう場合があります。少しでもボールに当たってしまった場合には、打ち直しはできず、残念ながら1打にカウントされます。また、スィングをしたけれど空振りをしてしまった場合には、何度でも打ち直し可能です。

間違えて他の人のボールを打ってしまったら?

自分のボールと間違えて他のプレーヤーのボールを打ってしまった場合には、ボールの持ち主が元の場所に移動すれば問題ありません。誰にでも起こりえるうっかりミスなので、ペナルティは取られません。

子供や犬がボールを移動したら?

公園や運動場などの公共の場で楽しむスポーツですので、グラウンドゴルフをしている人のほかにも遊びに来ている子供たちや散歩中の犬などがいることも多いです。そのため、犬や子供がボールを移動してしまう場合もあります。そんなときには、人為的な行為によりボールが移動したとみなされるので、元の位置に戻せます。しかし、風などの影響でボールが動いたときには、自然現象によるものなのでボールの位置を戻すことはできません。

ホールに近い場所なら続けて打てる?

基本的には順番で1打ずつ打っていくのがグラウンドゴルフのルールですが、ホールとの距離がクラブヘッドの長さほどになった場合には、ボールを続けて打つことができます。しかし、エチケットとして他のプレーヤーに先に打つことを告げましょう。

障害物を取り除いてもよい?

基本的にはそのままの状態でプレーを続けなければなりませんので、今から打とうと考えているコース線上に小枝や石などの障害物があったとしても取り除いてはいけません。万が一取り除いてしまった場合には、1打分のペナルティが課せられます。

このような豆知識を押さえておくと、プレーをする際に起きる疑問もスムーズに解消できると思います。
友人や仲間と一緒にグラウンドゴルフを楽しみたい方は、ファミリーショップ甲子園でグラウンドゴルフ用品を揃えてみてはいかがでしょうか。
アシックス・ハタチ・トイズなどのブランドのグラウンドゴルフ用品を数多く取り揃えておりますので、きっとお気に入りのアイテムを見つけられると思います。


甲子園通販 会員ログイン
グラウンド・ゴルフクラブネームシール張りサービス
通販注文FAX用紙

商品カテゴリ

グラウンド・ゴルフ 用品

パークゴルフ 用品

ノルディック・ウォーク

その他の用品

ゲートボール

ブランド別グラウンドゴルフ用品

カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 電話対応出来ない日

休業日の出荷業務、電話対応はございませんのでご了承ください
10月7日土曜日は出荷のみ一部対応
(お電話受付時間10:00-18:00)

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QRコード kousien.net ファミリーシップ甲子園
甲子園通販 お客様レビュー お客様の感想