グラウンド・ゴルフについて

グラウンド・ゴルフの標準コース

 グラウンドゴルフの標準コース

気軽に誰でも楽しめるスポーツとして支持されているのが、グラウンドゴルフです。初心者でもルールを覚えると優勝できる可能性を秘めているので、幅広い世代の方に人気となっています。そんなグラウンドゴルフは、コースさえ作れればどこでも気軽にできるのが魅力の一つです。そこでこちらでは、日本グラウンドゴルフ協会で定められている標準コースについてご紹介します。

【グラウンドゴルフの標準コース】

グラウンドゴルフの標準コースは、グラウンド一周に対して外回りが4ホール、内回りが4ホールとなっており、合計で8ホールポストを設定して、できるだけ少ない打数でホールポストに入れるようにします。また、外回り(1ホール30m・2ホール50m・3ホール30m・4ホール50m)、内回り(5ホール25m・6ホール15m・7ホール25m・8ホール15m)と長さも規定があります。内回りは外回りよりも距離が短いので、ホールインワンを狙いやすいコースです。もしホールインワンが出ると、合計のスコアから3打マイナスできるので、優勝に有利となります。

【コースを作るときのポイント】

  • ホールポストはただ置くのではなく、スタートマットがある方向にホールポストの脚が開いた状態でセッティングする必要があります。

  • 風が強い場合には、ホールポストが倒れてしまいプレイが中断してしまう場合もありますので、U字型のピンを打ち込んでおくなどの工夫をしてください。

  • ホールポストを置く場所に大きな石があったり、デコボコの地面だったり、草が生い茂っていたりするとボールがスムーズに入らない場合もありますので、あらかじめ草や石などを取り除いて整備しておくことをおすすめします。

  • 第一打を打つときには、スタートマットを使用します。集中しながらグラウンドゴルフを楽しめるように、周りに半径2mほどのサークルを作り、その中にはプレイヤー以外は入ってはいけないルールにすると良いでしょう。

グラウンドゴルフには厳しい決まりは無いのですが、仲間と楽しくプレイするためにも、先述したポイントを抑えた上でコースを作ると良いと思います。

グラウンドゴルフの用具などをご購入するのなら、ファミリーショップ甲子園をご利用ください。どのようなクラブを選んだら良いのか分からない方のためにクラブセットもご用意しておりますので、初心者の方もぜひお買い求めください。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 受注回答、電話・メール対応のみ(出荷は業務は制限あり)

(お電話受付時間10:00-18:00)

休業日の出荷業務、電話対応はございませんのでご了承ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ